2017/09/25

ぎっくり腰の出張鍼灸してきました|郡山市の50代男性

 




この記事を書いている人 - WRITER -
腰痛専門整体の渡部です。痛みでお悩みの方をどうにかしたい。そんな気持ちで日々体を触らせていただいています。(おかげで腰が軽くなった)(腰痛が気にならなくなった)そんな言葉が栄養剤です。
詳しいプロフィールはこちら

2月の初めの頃 郡山市内の男性からぎっくり腰で動けないとお電話がありました。

寒くなると増えてくる症状です。

今回は2回の鍼灸治療で歩くには不自由しない程度に回復しました。

「腰が伸ばせるようになった」と喜んでいただけました。ブログで報告してもいいと了承をもらっています。まだ鍼灸治療継続中ですが報告していきます。

ぎっくり腰の状態

50代男性 郡山市安積町の患者さんです。

ずいぶん前に撒いたチラシをとっていたそうです。

20代の頃からの慢性的な腰痛持ち。最近は寒くなってくるとぎっくり腰が来そうな感覚がしていた。今まで数回ぎっくり腰の経験あり。ご本人曰く長時間のデスクワークが原因とおっしゃっていました。残業が多く長時間座りっぱなしでいる。

慢性腰痛を放置していたことを後悔していたようでしたが気付いたが時すでに遅し。

私が出張治療にお伺いしたのがぎっくり腰発症から5日目でした。

ベッドから起き上がる時寝返りの時に痛みが激しい。立っていただくと腰はまっすぐ伸びず「くの字」の状態

右の腰から臀部にかけて痛む。

ご本人はこのまま痛みが続いたら仕事に戻れないのではと心配している様子でした。

郡山市内の整形外科を受診 画像診断の結果異常なし。治療は湿布薬。飲み薬

シップを貼ると気持ち楽になったような感じがする。しかし寝返りなどすると痛みが走る。

ぎっくり腰治療の検査

尿管結石や腰椎圧迫骨折、等も急性の腰痛を発症します。今回の患者さんは整形外科で診察を受けていますので、このあたりは安心でした。

触診

通常痛みの治療の時は痛む動作をしてもらったり、どんな動作で痛みが出るかなどチェックしてから治療に入ります。しかしぎっくり腰の場合は立ち上がりもやっとで「イテテ」という状態です。

この場合触ってみて痛む原因をさがします。

まず表面の筋肉から触っていきます。激痛を訴えている割にそんなに痛まない。

腰の脇の腰方形筋、中殿筋あたりを押すと「ウッ」とすごい反応が出ました。

 

腰方形筋

 

腰方形筋の様子※(mediclip,lippincott Williams&wikinsから転載)

腰の脇にあり表面は他の筋肉があって触難い筋肉。臀部や腰の骨(腸骨稜)のあたりに痛みを広げやすい。

中殿筋

※(mediclip,lippincott Williams&wikinsから転載)

お尻の深部にある筋肉。表面は脂肪があったり、大殿筋があったりして触り難い。この図をご覧いただくとわかるように腰や臀部に痛みを広げやすい。

大殿筋

※(mediclip,lippincott Williams&wikinsから転載)

お尻全体を覆うように表面に付いている筋肉。強い臀部痛を出しやすい。

 

 

ぎっくり腰の鍼灸治療

 

ぎっくり腰は何もないところからいきなりギクッとくるわけではありません。常に足腰に負担をかけていると筋肉が限界点に達します。すると筋肉のけいれんが発生し痛みが出たり動きが制限されます。

数十年来の慢性腰痛がある場合。鍼灸をやっても変化が出るまで回数がかかりますよと伝えました。

それでもやってくださいということでしたので、さっそく治療していきます。

一回目

 

6cmの鍼を使い右側の腰方形筋、中殿筋、大殿筋を狙って打っていきます。

隣で見ていた奥様は顔をしかめて見ていますが

ご本人は「思ったより平気だ!」といっていました。

20分程度置鍼。

置鍼とは鍼を打ったまま置いておく方法。

悪い筋肉へうまく当たるとズーンという響きがでる。

鍼は初めてだということで本数は少な目で終了。

治療後 目立った変化はなし。

 

2回目

翌日

昨日と変わらず寝返りで痛む。立つ動作も辛く、腰はくの字で伸ばせない。

また6cmの鍼を使い腰方形筋、中殿筋、大殿筋を狙って打っていく。今回は昨日よりも本数を増やした。

20分置鍼 置鍼している間「今日はジンジンしてる」とおっしゃっていた。

うまく悪い筋肉に当たり響きがでている状態。

結果 鍼灸治療後明らかに起き上がりが早くなった。

まだ痛みがあるが腰を伸ばせる状態となりました。

今後の鍼治療とセルフケア

またぎっくり腰を繰り返してほしくはないのでまだ治療の必要はある。

鍼灸治療やセルフケアを行うことでぎっくり腰の再発は予防できます。

ぎっくり腰の改善ポイント

今回の患者さんは仕事へ行ける!と喜んでいました。しかし同じ無理をすればまたギクッときます。

まとめ

悪くなるのは深部の筋肉が多いです。マッサージや整体より即効性を求めるなら鍼灸をおすすめします。半数以上の方が1・2回で変化が出ています。

ただし今回の患者さんのように数十年来の腰痛がある場合は変化が出るまで回数の予測は難しいです。

※横になってじっとしていても痛む場合は
数日たってから治療をした方が効果的です。

郡山市 渡部鍼灸院

 

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

鍼灸 ブログランキングへ

この記事を書いている人 - WRITER -
腰痛専門整体の渡部です。痛みでお悩みの方をどうにかしたい。そんな気持ちで日々体を触らせていただいています。(おかげで腰が軽くなった)(腰痛が気にならなくなった)そんな言葉が栄養剤です。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© 空整体院 , 2017 All Rights Reserved.