ぎっくり腰のツボこれで即効|鍼灸師が実際に使うツボをご紹介。郡山の鍼灸院

 

この記事を書いている人 - WRITER -
腰痛専門整体の渡部です。痛みでお悩みの方をどうにかしたい。そんな気持ちで日々体を触らせていただいています。(おかげで腰が軽くなった)(腰痛が気にならなくなった)そんな言葉が栄養剤です。
詳しいプロフィールはこちら

ぎっくり腰は突然やってきます。もちろん何度も繰り返していて予兆が感じられる方もいらっしゃるでしょう。

最近腰やお尻が重だるい。

腰のだるさが取れないな。

なんて考えながら屈んだその時やってくるやつです。来た時には時すでに遅しです。

寝返りも打てない。痛くて動けない。

そんな時便利なツボを紹介します。紹介するツボを押すことで痛みが緩和したり動けるようになったりします。

完治する!ってわけではありませんが楽になることが多いのでぜひ試してみてください。

ツボって効くの?

はい効きますよ。ツボってなんだか怪しい感じですが理屈を理解していただければ納得していただけるのではと思います。

身体には経絡と呼ばれるつながりがあります。画像のようにツボとツボが線で結ばれています。これが経絡です。東洋医学的に言うと気の流れが経絡上に流れているとされています。

この意味不明の経絡が最近少しずつ解明されてきました。筋膜のつながりが経絡と非常によく似ていることが分かったのです。

手や足にあるツボをご紹介しますが手や足のツボがぎっくり腰に効く理由は筋膜のつながりがあるからと考えていただくとわかりやすいと思います。

ぎっくり腰に効くツボ

ぎっくり腰に効くツボはいくつもあります。実際に鍼を打つ場合は症状によってツボを使い分けますが全くわからない場合は押してみて痛い所をぐりぐりするのが一番だと思います。

委中(いちゅう)

委中は膝裏のちょうど真ん中あたりにあるツボです。

腰腿点(ようたいてん)

第一指と二指。四指と五指のあいだにある押して痛い所です。左右で四か所あります。一番痛い所をぐりぐりしてくだいさい。

経絡経穴概論より

 

養老(ようろう)

委中と腰腿点はどこのサイトにも乗っていたのでとっておきをご紹介します。このツボはこの辺を押してみて響く所をぐりぐりしてみてください。

ツボの押し方

ぎっくり腰は急性の痛みです。なのでツボには強めに刺激して大丈夫です。一か所2~3分ぐりぐりしましょう。ボールペンのキャップの先端や指の節はツボをピンポイントに刺激するのにちょうどいいです。ツボの位置は目安ですから押してみて響く所をしっかり探してじっくり押してください。一か所3分程度両方おします。

ぎっくり腰の時の注意点

この記事を書く時ぎっくり腰 ツボ で検索してみてみると腰部にあるツボを押せと進めているところがありましたが痛めてすぐは腰部のツボは押さない方がいいです。悪化する危険性があります。

痛みが3日たってもあんまりひどいときは病院へ受診することをおすすめします。

 

郡山でぎっくり腰でお悩みなら渡部鍼灸院へ

急性の腰痛は様々な要因がありますぎっくり腰で鍼灸治療をお考えの方はまず整形外科を受診することをおススメします。特に異常は無いと言われたら鍼灸治療の出番です。

郡山で腰痛治療受けるならこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
腰痛専門整体の渡部です。痛みでお悩みの方をどうにかしたい。そんな気持ちで日々体を触らせていただいています。(おかげで腰が軽くなった)(腰痛が気にならなくなった)そんな言葉が栄養剤です。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© 空整体院 , 2017 All Rights Reserved.