優しい鍼の鍼灸院

坐骨神経痛の鍼灸治療!整体で良くならないなら針がおすすめ

今回は坐骨神経痛の鍼灸治療について解説していきます。

坐骨神経痛は腰から足にかけて痺れや痛みが走る症状のことでほとんどの場合腰痛も一緒にあったり、前にひどい腰痛があったという場合が多いです。

痛む場所は人によって違う場合が多く、太腿の裏、太腿の外側、スネのあたりなど個人差があります。

 

坐骨神経痛の原因

原因として多くは背骨の異常、筋肉の硬結による神経の圧迫があります。

 

骨の異常

椎間板ヘルニア椎体イラスト

椎間板ヘルニア

年齢が若い場合に多い。

背骨は画像のように椎体と椎間板で積み重なって構成されています。

椎間板の中にはゼリー状の部分がありこの部分が椎体から圧迫を受けることにより押し出され脊髄まで飛び出してしまいまい、痛み、痺れを出します。神経を圧迫しているわけですから主には脚の症状を出します。

 

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は文字通り脊柱管(神経が通るトンネル)が狭く(狭窄)なることで起きます。

中年以降に多く脚の痛み痺れを伴います。

特徴的な症状として間欠跛行(かんけつはこう)があり、100m歩くと辛くなって休んでしまう。ちょっと休むとまた歩けるという症状が出ます。酷くなると距離が短距離であってもこの現象が現れます。

 

筋肉の硬結による坐骨神経痛

梨状筋イラスト

梨状筋症候群

筋肉が硬くなることによって起こる神経の痛みの代表的なものとして梨状筋症候群があります。

神経は背骨から骨盤を通りますがその骨盤の間に梨状筋という細い筋肉が存在します。

この筋肉が硬くなったり動きが悪くなったりすることで坐骨神経自体を圧迫してしまい足に痛み痺れが現れる。

 

これも椎間板減るのと良く似た症状を引き起こします。

 

その他の筋肉が神経を圧迫しやすいポイント

梨状筋以外にも筋肉が神経を圧迫しやすいポイントが存在します。

ハムストリングスイラスト解説

まず画像のハムストリングスという筋肉ここも坐骨神経が圧迫されやすいポイント。

それ以外にも

大腰筋イラスト

大腰筋と腸骨筋という筋肉の間も坐骨神経が走行しておりこの辺りも坐骨神経痛の原因となりえます。

 

そのほかにふくらはぎや足首のポイントも筋肉の硬結によって神経痛を起こしやすいポイントが存在します。

 

神経の圧迫以外の筋肉による坐骨神経痛

坐骨神経痛原因トリガーポイント

筋肉由来の神経痛として単純に硬くなって神経を圧迫して起こる坐骨神経痛とトリガーポイント によって起こる神経痛もあります。

小臀筋と呼ばれる筋肉がお尻の奥に位置しています。ここも硬くなると神経痛を出します。

なぜ神経ともちょっとずれている筋肉のコリによって痛みや痺れが出るのかという理論的なところは完全には解明されていませんが

ここは坐骨神経痛の患者さんをみる場合に絶対に外せないポイントです。

 

というのも坐骨神経痛の患者さんの場合この小さいお尻の筋肉のポイントをギュッと抑えるとあれ?

楽になったとおっしゃる方がとても多いのです。

逆もあって押すと足に痺れが出てくるとおっしゃる方もいます。

ですから小臀筋のトリガーポイント は見逃せないポイントと言えます。

 

一般的な坐骨神経痛の治療

  • 痛み止め、湿布
  • 注射(筋肉注射、ブロック注射)
  • 理学療法(電気治療、ストレッチ)
  • 手術

一般的な坐骨神経痛の場合、まずレントゲンなどでの診断後、痛み止め。湿布の処方。

それでも痛みが引かない場合ブロック注射を試すという流れが多いようです。

 

鍼灸の坐骨神経痛治療

坐骨神経痛に効く針のポイント

当院で行う鍼灸の場合まずは動き注目して針のポイントを定めていきます。坐骨神経痛でお悩みの方は多くの場合腰痛にも悩まされておりほぼほぼ腰椎の動きにも制限が見られます。

まず腰の可動域改善のため腰椎の傍に鍼をします。

この腰椎への刺鍼によりスーッと痺れが抜ける場合もあります。

背骨の動きの悪さによって症状が出ることもあるということですね。

 

太衝ツボ

出典:医道の日本社

さらに腰の筋肉の動きを整える目的で足の甲のツボにも鍼を行います。

 

この辺が基本的な治療ポイントになりますが

人によっては立ち上がるときに痺れや脚の痛みがあるという場合には首の背骨の傍にも鍼を打ちます。

立ち上がりの動作で意外に動かすのが首です。

坐骨神経痛 首のツボ

首の動きも悪いと動きのバランスが崩いれ痛みや痺れを引き起こします。

ですから以外に重要ポイントでもあります。

 

 

坐骨神経痛の症例集

 

介護士さんの坐骨神経痛

介護士の坐骨神経痛痛むところ

症状

一ヶ月前から太ももの裏からふくらはぎにかけて痺れを伴う痛みが出てきた。

過去にも同じように左側の足の痛み、痺れを何度か感じたがここまで痛くならなかった。今までは一週間もするといつの間にか気にならなくなっていたが今回は一ヶ月続いて不安になってネット検索し当院を見つけていただいた。

腰痛はもう何年も前からずっとあり気にしていなかった。

初めは仕事中、腰に負担をかけた時だけ腰と足に痛みが感じられたが、常にふくらはぎの痺れのような痛みを感じるようになった。

 

辛い時間帯

仕事中 利用者の介助を行うので体に負担がかかり痛みが強くなる。

夜間 たまに寝ている時ももも裏、ふくらはぎがジンジンして辛い時がある。

 

治療の回数と期間

初めは週2回、後半は週一回

合計10回

二ヶ月

 

施術と経過

まず動きをチェックすると痛みがなくても後ろに後屈できない。

無理に曲げようとすると足に痺れが出る。立っていると足に痺れが出てくるがお尻のツボを圧迫すると痺れが出なくなるという点から腰と臀部(お尻)の緊張の問題であると考えた。

初回

まずお尻の緊張をとり痺れを抑えるために太もものツボ。ふくらはぎのツボに鍼を行った。

さらに腰と足の緊張を取るために腰のツボに鍼をして立っていただくと痺れの軽減が確認できたので初回は終了した。

 

初回と同様の施術に加え骨盤の動きを整える腰のツボ、足全体の緊張を緩和するふくらはぎのツボも加え施術。

3回目には常に痺れる感覚は無くなり、午前中は気にならずに仕事ができるようになったがまだ午後に辛い時があるとのこと。

4〜7回はひどい痛みは落ち着いたということだったので週一回の頻度で施術。

動きと腰の緊張をチェックしながらツボを選定した。

8回目以降は体のメンテナンスも含め施術。10回目には腰を反った時の可動域広がり振り返すこともなくなったため施術を終了とした。

 

今回使用したツボ

ふくらはぎのツボ

ふくらはぎのツボ

出典:医道の日本社

太もものツボ

ふともものツボ

出典:医道の日本社

腰のツボ

腰のツボ

出典:医道の日本社

 

まとめ

今回の症例は中腰や利用者の介助などで腰部、臀部の筋肉に極度の緊張が起こり出てきた痺れ、痛みだと思われる。

坐骨神経痛の場合3回から4回程度で強い症状が取れるが、それだけでは全て取りきれないことが多い。

仕事中の負担の軽減と家でのセルフケアも重要となる。

Copyright© 空鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved.