優しい鍼の鍼灸院

手のしびれ鍼灸症例集

手のしびれで悩む女性

腰痛でお悩みの方のために症例集を一部公開していますもし似た症状があればお力になれます。

 

症例一覧

 

重だるいような痛みを伴う腕の痺れ

腕の痺れ

来院情報

30代女性 郡山市在住 

2018年7月来院

施術回数:6回

症状

  • 腕から手のしびれ
  • だるいような痛み
  • 常に出ている

思い当たる原因は工場勤務で常に下を向き、手を動かしているため良くない姿勢で体に負担をかけていたとのこと。

そのため以前から肩こりを感じていたが、最近腕から手先までしびれと重だるい痛みが出るようになった。

病院でMRI検査を受けるも大きな異常はなく肩こりからくるものと告げられた。

 

施術と経過

まずは首の緊張を緩めるため背骨の脇のツボと手の甲のツボに鍼をした。少しだるさが抜けた気がするとのこと。

次にしびれを鎮めるため腕に関連する背中と脇の下のツボに鍼を行い確認するとしびれは若干軽減した。

〈2回目〉

前回と同様の施術に加え首の動きに関連する足の甲のツボと腕のツボに鍼を行い確認するとだるいような痛みは大幅に軽減した。

〈6回目〉

途中仕事を再開したことで痛みが強くなった時期があったが回数を重ねるごとに症状は軽減。

しびれは取りきれなかったがだるいような痛みはほとんど感じることがなくなった。

腕の痛みとしびれの刺鍼ポイント

 

まとめ

腕のしびれとなると首の神経と真っ先に考えてしまうが原因はそれだけではなく首より下の背中の背骨の動きが悪くなることで首に負担がかかり痺れの症状が出ることが多い。

背中と手のツボを使い頸椎、胸椎の可動性を上げることで症状を緩和させることができた。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

 

毎朝手が痺れる

小指の痺れ

来院情報

50代女性 郡山市在住 

2019年1月来院

施術回数 4回

症状

  • 毎朝手のしびれ
  • 日中は問題ない
  • 小指、薬指にかけてのしびれ

1年前から朝目覚めると手の平から小指、薬指にかけて痺れている。初めは気にしなかったが最近はしびれが強く5分くらいじっとしていないと動き出せない。朝しびれが強く出る割に日中は全く問題ない。

姿勢の悪さとスマホを操作する時間がなかがったことが原因とご本人は考えている。

 

施術と経過

触診すると肩甲骨から前腕にかけて強い緊張がみられた。これに関連する背中のツボと腰のツボに鍼を行うと前腕の緊張が緩んだ。

〈2診目〉

朝起きるとしびれはあるものの強さが減っているとのこと。

前回同様の施術を行う。腰も気になるとのことから腰の施術も追加。お尻のツボ、ふくらはぎのツボに鍼をした。

 

〈3診目〉

しびれる場所が小指だけになったとのこと。

〈4診目〉

朝起きても気にならなくなったとのことから施術を終了。

毎朝起こる手のしびれに対する刺鍼ポイント

 

まとめ

手のしびれや痛みを訴える方の多くは前腕の緊張があり、腕の付け根である背中まで緊張が広がっていることが多い。背中や腰を緩めることで前腕が緊張が緩和されしびれが軽減していった。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

 

首の痛みと同時に出てくる腕の痺れ

頸椎症の痛むポイント

来院情報

50代男性 郡山市在住 

2019年7月来院

施術回数 4回

症状

  • 常に肩の張り
  • 後ろに倒すと痺れが出る
  • 首の痛み

2ヶ月前、首の痛みとともに腕の痺れが出てきた。整形外科ではレントゲン検査の結果、頸椎症と診断。痛み止めを飲んでも痛みと痺れが変わらないため飲むのをやめてしまった。

首を後ろへ倒したり、左へ倒すと首の痛みと同時に腕のしびれが出る。

2ヶ月経ち手のシビレは落ち着いている気がするが首の痛みはいまだに強い。

また肩も常に張るように痛む。

 

施術と経過

首の動きを調整するため肩甲骨のツボ二箇所に鍼をした。動作を確認するとしびれはまだあるが首の痛みは軽減。しびれに対しては肩甲骨外側のツボと手のツボに鍼を行い10分置鍼(鍼を刺して置いておくこと)抜鍼するとしびれは半分くらいになったとのこと。

 

〈2診目〉

しびれの範囲が半分程度になったが首の痛み、肩の張りはまだ残るとのこと。

前回と同様の施術に加え、お尻、ふくらはぎのツボも鍼を行う。動きを確認すると首の痛みは無くなった。

 

〈3診目〉

辛い痛みではなくなったが首の痛みはまだ残る。首を深く曲げるとしびれが出る。

前回と同様の施術を行い終了。

首の痛みは無くなった。

 

〈4診目〉

運転が長くなると首の痛みが出ることはあるものの痛みは軽減。日常生活も問題なくなっため施術を終了。

首の痛みと同時に出てくる腕の痺れに対する刺鍼ポイント

 

まとめ

頸椎症と診断があっても肩甲骨や首周囲の筋肉の緊張によって強いしびれを起こすこともある。

緊張緩めることでそれぞれの関節の可動域があり症状が改善されていった。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

寝付くことができない腕と手のしびれ

手の痛み

来院情報

30代女性 郡山市在住 

2018年7月来院

施術回数 6回

症状

  • 腕、手の平、中指のしびれ
  • 痛みしびれで寝付けない
  • 仰向けで首の痛み

1ヶ月前より腕から中指にかけてのしびれ、左首の痛みが出現。

辛い時には左肩、背中にも痛み現れる。痛みが強いため病院でレントゲンの検査をしたが異常なし。デスクワークで腕の使いすぎと告げられる。

仰向けで寝ると首の痛み、腕のしびれが出るため寝付けない。

 

施術と経過

首の緊張を緩めるため足の甲と背中のツボに鍼を行う。仰向けで出ていた首の痛みが楽になる。

首の動きを確認すると前に倒すと楽になり後ろに倒すと首、背中、方に痛みが出る。左に捻ると首の痛みと痺れが現れる。

首の動きを改善させるため手首のツボ、手の甲のツボを使い頸椎を調整。首の動きを確認すると後ろに反らせた時の痛みが軽減した。

 

〈2診目〉

まだ痛みはあるものの仰向けで寝ることができたとのこと。

前回と同様の施術を行い動きを確認。捻った時の首の痛みが残ったためふくらはぎのツボにも鍼をした。

 

〈5診目〉

回数を重ねることで徐々に痛みは減り仰向けでの痛みを感じない日も出てきた。

腕の痺れは取れたが指先はまだ痺れが出るとのことから指先に関連する背骨脇のツボに鍼を追加し施術を終了。

 

〈6診目〉

指先のしびれも軽くなってきた。首を深く反らせると首の痛みが現れるが背中や肩の痛みもなくなり日常生活でも気になることは減ってきたとのことから施術を終了した。

寝付くことができない腕と手のしびれに対する刺鍼ポイント

 

まとめ

肩の緊張によって頸椎周囲の緊張も強くなり仰向けで寝ると痛みが出ることがある。今回は肩甲骨と腕の筋肉を使って肩の緊張を緩め仰向けで寝ることができるようになった。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

手根管症候群と言われた人差し指中指の痺れ

人差し指中指の痺れ

来院情報

40代女性 郡山市在住 

2020年11月来院

施術回数 6回

症状

  • 常に腰の違和感
  • 中腰での作業が辛い
  • 屈むときズキっとくる

一週間前から手のしびれが現れた。不安になりいくつかの整形外科に掛かったところ手根管症候群と告げられる。

普段何もしていなくてもピリピリしびれるため仕事や、日常の物事に集中できない。

整骨院にて電気治療も試したがいまいち変化がなく鍼がいいと知人に聞きご来院いただいた。

 

施術と経過

触診すると背骨の脇にこりを発見したため二箇所に鍼をした。肩甲骨の外側も手の症状に関連するため緊張を探り鍼をした。

常にあったピリピリ感は軽減。最後に手の甲のツボにも鍼を行い終了した。

 

〈2診目〉

しびれ感を感じない時も出てきたがまだしびれる。

いい状態を安定させるため前回と同様の施術を行う。

 

〈3診目〉

たまにしびれを感じる時もあるがしびれを感じない時の方が多くなった。

手根管症候群のファレンテストを行っても痺れが現れないことから一旦施術を終了。

手根管症候群と言われた人差し指中指の痺れに対する刺鍼ポイント

 

まとめ

手に関連する背骨の動きを整えることでしびれの症状が軽減した。手術も治療の選択肢の一つではあるが鍼灸治療も選択肢の一つである。

 

 

 

ストレートネックが原因と言われた腕のしびれ

肩こりと腕のしびれ

来院情報

20代女性 郡山市在住 

2018年5月来院

施術回数 6回

症状

  • 常に腰の違和感
  • 中腰での作業が辛い
  • 屈むときズキっとくる

就職後から慢性的に肩こりを感じるようになった。その都度整体やマッサージを受け症状が落ち着いていたが1ヶ月前から手のシビレが出始める。整形外科を受診するも異常はなくストレートネックからくる肩こりが原因なのでスマホやパソコンの姿勢を気をつけてくださいと言われた。

薬を飲むと肩こりは楽になるもののしびれは変わらず時間が経つと効果が切れてしまうため他の治療法が必要と考えネットで検索しご来院いただいた。

 

施術と経過

 じっとしているだけでも首の張り感と腕のしびれがある。動きを確認すると下を向く動作は楽だが上を向くと首の痛み、背中の痛み、腕のしびれが強くなる。

この症状から首の緊張を緩める必要があると考え手の甲のツボ、手首のツボ、背中のツボを使い首の緊張を緩めた。すると首の痛みが軽減。

続けて手のしびれと関連の強い背骨の脇のツボに鍼を行った。

しびれは変化がなかったが首の痛みが軽減し楽になったとのこと。

この施術を週2回行ったところ3回目で首の痛み、しびれが軽減し、6回目にはたまにしびれが出る程度となった。日常生活は問題ないとのことから施術を終了した。

ストレートネックが原因のしびれに対する刺鍼ポイント

 

まとめ

首のこりがしびれの原因となった例である。首の神経は筋肉の隙間を通る箇所があり首の筋肉が緊張し神経を圧迫することでしびれが生じる。手や肩甲骨のツボを使い関節的に緩めたことで症状が悪化することなく改善することができた。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

 

首を捻ると現れる腕の痺れ

首のしびれ腕の痛み

来院情報

40代男性 郡山市在住 

2020年7月来院

施術回数 3回

症状

  • 常に腰の違和感
  • 中腰での作業が辛い
  • 屈むときズキっとくる

半年くらい前から首こり感が強く痛む時もあった。マッサージを受けた時もあったが、もみ返しを起こしてしまうため控えていた。

しかしここ最近腕のしびれも出るようになったため鍼を受けてみようと考えたとのこと。

デスクワークで作業が長時間になると症状が強くなる。主には首を捻ると首の痛みしびれが現れ、常に首の付け根にコリ感を感じている。

 

 

施術と経過

座ったままの姿勢にて背中とふくらはぎのツボに鍼を行い緊張を緩めた。動きを確認すると捻った時の痛みは軽減。

お尻と腰の緊張も強く感じたためお尻のツボにも鍼を行うと首の痛みはほとんどなくなった。

しびれに対しては背骨の脇のツボ、肩甲骨の外側のツボを使い施術。半分くらいになったとのこと。

 

〈2診目〉

痛みは軽減し、しびれも範囲が減っているがふと首を捻る動きをしてしまうと強い痛み、痺れが出る。

前回と同様の施術を行う。症状の軽減を確認し施術を終了

 

〈3診目〉

捻った時の痛み、痺れは出なくなった。

症状を安定させるため前回と同様の施術を行う。首を動かせるようになったとのことから施術を終了とした。

首を捻ると現れる腕の痺れの鍼灸治療

 

まとめ

首の動きによって痺れが増悪してしまう症例である。首の動きを観察し動きが悪い部分を改善すると症状が軽減していった。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

 

問い合わせ

空鍼灸院 (そらしんきゅういん)

郡山で鍼灸なら空鍼灸院へ

電話 024-983-7013

住所 福島県郡山市菜根5丁目4−16エルディム菜根B号

地図

空鍼灸院地図画像

 

予約

blank
HP見たとお伝えください。※施術中は留守番電話となります。1時間以内にこちらから(携帯)おかけ直し致します。
LINE@からもお問い合わせが可能です

ネット予約なら24時間いつでも

 

 

Copyright© 空鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.